2019年度 第1回 ソーシャルワーク実践報告会 についてです。くわしくは、下記の開催案内をご確認ください。


社会福祉士に求められる活動の1つに「ソーシャルワークの実践研究」がありますが、宮崎県でこの活動をされている会員は、まだまだ少数であるのが実状です。宮崎県社会福祉士会内に実践研究発表の場がないことを喫緊の課題と捉え、ソーシャルワーク実践報告会を行います。現在、観覧者募集中です。

 

  1. 「感情労働」環境下における人財マネジメントの在り方(陣之内成明 会員)
  2. 認知症SOS模擬訓練の実証 ー有効な模擬訓練のプログラム開発ー(児崎友美 会員)
  3. 過疎の進む地区における30年の暮らしの変化 ー旧K町(現N市K町)S地区の福祉と住民活動の展望ー(小野鎮子 会員)

 

基礎研修Ⅰ受講生は、基礎研修Ⅱのなかで行う実践研究がどのようなものかを知る良い機会かと思います。その他多くの方にとっては、実践報告会の実施効果等を体感する良い機会かと思います。ふるってご参加頂きたく思います。


開催日時:2019年9月14日(土曜日) 13時00分から16時30分まで

会  場:宮崎県福祉総合センター(宮崎市原町2-22)人材研修館内4階 大研修室

定  員:100人(定員になり次第、締め切らせていただきます)

費  用:無 料

参加締切:2019年9月6日(金曜日)