2019年度 宮崎県福祉サービス第三者評価調査者養成研修・継続研修 のご案内です。

 

※1)07/31 開催要項・申込書を公開しました。


 

福祉サービス第三者評価とは、高齢者、障がい者、児童施設などの社会福祉事業者の提供するサービスの質を当事者(事業者及び利用者)以外の公正・中立な第三者機関が専門的・客観的立場から評価するものです。

宮崎県社会福祉士会は、この福祉サービス第三者評価の評価機関の1つとして活動しております。受審して頂いた施設を訪問し、その施設の良さを見出しながら評価をおこなっていきます。

評価調査者の要件は、県のホームページにある「宮崎県福祉サービス第三者評価機関認証要領」第2条(3)aまたはb をご確認ください。

 

a 組織運営管理業務を3年以上経験している者、又はこれと同等の能力を有していると認められる者

b 福祉、医療、保健分野の有資格者若しくは学識経験者で、当該業務を3年以上経験している者、又はこれと同等の能力を有していると認められる者

 

これから受審施設が増加していくのが予想されます。そのためにも、公正・中立・専門的・客観的な視点をもつ評価調査者を増えてほしいと願っております。

この記事を呼んでいる社会福祉士会会員の方々には、(研修日程までの期間・研修参加の日数など、難しい面はあるかと思いますが)是非受講して、私達と一緒に評価調査者として活動してみませんか?

今年度は、「保育園」の評価をテーマに養成研修を進めていく予定です。児童分野での勤務がないと気負いすることはありません。高齢・障がい・その他分野経験者の方も受講をおすすめします。

 

福祉サービス第三者評価について、詳しいことは、宮崎県のホームページ または 全国社会福祉協議会ホームページ をご参照ください。

 

既に宮崎県社会福祉士会の評価調査者になっている方は、別途行われる継続研修(8月21日実施)を可能な限り受講をお願い致します。


 

受講対象者:上記の評価調査者要件を満たしている社会福祉士会会員

日程:

2019年8月22日(木) 養成研修1日目 場所:宮崎県福祉総合センター

2019年8月23日(金) 養成研修2日目 場所:宮崎県福祉総合センター

2019年8月24日(土) 養成研修3日目 場所:宮崎市内の保育園(宮崎江南病院近く)

申込期限:2019年08月13日(火)