2019年度 福祉専門職5団体合同研修 開催についてのご案内です。まだまだ参加は可能です。ふるってご参加頂ますよう、よろしくお願い致します。


2019年度の開催テーマは、『私たちが今からできることを多職種で考えよう』です。

[主催]

  1. 宮崎県医療ソーシャルワーカー協会
  2. 一般社団法人 宮崎県精神保健福祉士協会
  3. 一般社団法人 宮崎県介護支援専門員協会
  4. 一般社団法人 宮崎県介護福祉士会
  5. 一般社団法人 宮崎県社会福祉士会

[開催趣旨]

社会福祉現場において福祉専門職に求められる実践を展開するために、昨年より、福祉専門職5団体合同研修を実施しております。今年度も、昨年に引き続き、「災害支援」をテーマに、福祉専門職としてどのような多職種連携が出来るかを考えることを目的として開催します。

[参加対象者]

  • 宮崎県医療ソーシャルワーカー協会会員
  • 宮崎県精神保健福祉士協会会員
  • 宮崎県介護支援専門員協会会員
  • 宮崎県介護福祉士会会員 
  • 宮崎県社会福祉士会会員
  • 研修に関心のある方(学生を含む)

[定員] 100名

[費用] 無料

[参加申込み締切] 2019年7月19日(金)

[参加申し込み先]

〒880-0007 宮崎市原町2番22号 宮崎県福祉総合センター人材研修館3階
         一般社団法人 宮崎県社会福祉士会 事務局
TEL 0985-86-6111  FAX 0985-86-6116
Eメール : csw-miyazaki@water.ocn.ne.jp

[内容]

基調説明 「災害時福祉支援体制整備事業について」(仮)

宮崎県福祉保健部福祉保健課 課長補佐 竹内 尚美 氏

基調講演 テーマ:「被災地支援の経験から連携を考える

~相互理解から始まるチームプレイとは?~」(仮)

講師:宮崎県歯科医師会 後藤 大 先生