宮崎県北部ブロックより、「2018年度宮崎県社会福祉士会県北ブロック研修会」開催のお知らせです。

※1)02/18:懇親会の日程表記を間違えておりました。03/06(誤)⇒03/09(正)


現在、高齢者の約4人に1人が認知症の人、又はその予備群といわれています。高齢化の伸展に伴い、認知症の人はさらに増加し、2025年には700万人(約5人に1人)となるとの推計もあります。
社会福祉士は弁護士や司法書士と違い、高齢者をはじめとする社会福祉支援のプロです。そのため今後、高齢者等の後見人として社会福祉の専門知識を活かした支援ができる社会福祉士に後見人の依頼がの社会福祉士が増加し、社会福祉士の地位が今後ますます高まることが予想されます。

 

そこで、現在独立型社会福祉士として活動されている方の、実践報告研修会を行います。今研修を通じて社会福祉士の可能性を考える良い機会になればと考えております。多数の参加お待ちしております。

 

参加ご希望の方は、別紙参加申込書により2月16日(土)までにFAXにて申し込みをお願い致します。

1.日時:2019年3月9日(土) 15:00~17:00
2.会場:九州保健福祉大学 2号棟(C-103) 住所:延岡市吉野町1714-1電話:0982-23-5555
3.対象:本研修会に関心のある方
4.参加費:会員・非会員:500円(大学生は無料)
5.内容:後見人の財産管理について
後見のべおかについて
講師:後見のべおか 代表理事 大下 紘史氏

6.懇親会について(多くの方々の参加をお待ちしてます!!)
①.日時:2019年3月9日(土) 19:00~
②.場所:未定(研修会当日にお知らせいたします)
③.参加費:4,000円程度

※尚、懇親会についてキャンセルされる場合はキャンセル料をいただきます。